ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年01月13日

 米軍約2万1000人の増派を柱としたイラク新戦略をブッシュ大統領が明らかにした翌11日、ゲーツ国防長官とライス国務長官は議会上下院の複数の委員会の公聴会に呼ばれ、新戦略への支持を訴えて回った。


 大半の議員らの反応は冷淡で、野党民主党の議員がそろって反対の意思を表明。与党共和党穏健派の元ベトナム帰還兵で、08年大統領選に意欲を見せるチャック・ヘーゲル上院議員も「昨夜の大統領演説は、この国にとってベトナム戦争以来の最大の外交的失策になる。私は抵抗する」と警告した。


 他の共和党議員からも「あなた方は、戦争の大義の説明をよほど改善する必要がある」(ボイノビッチ議員)「大統領の計画が、これまで見てきたものと違うとは思えない」(マコウスキ議員)などと、懸念を隠そうとしない発言が相次いだ。


 一方、ブッシュ大統領自身はジョージア州のフォートベニング陸軍基地を訪れ、軍人とその家族ら約300人を前に、「これは新しく、違った案だ」と新戦略を売り込んだ。だが、約30分間の演説中に聴衆の軍関係者が拍手したのは、列席者の紹介を除けば、3回だけだった。


スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ◆誰も知らないイラクディナールの魅力!◆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。