ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ワシントン=有元隆志】米上院は26日の本会議で、イラク駐留多国籍軍の次期司令官に指名されたペトレイアス陸軍中将を全会一致で承認した。

 ブッシュ大統領は承認後、同中将とホワイトハウスで会談し、「(同中将は)これから対テロ戦争のなかで重要な戦いに行く。全面的に支援する」と述べるとともに、早期に現地に赴き、2万人超の米軍増派を柱とするイラク新政策の実行を求めた。

 同中将は23日の上院軍事委員会の公聴会で、「イラク情勢は悲惨」としながらも、「希望がないわけではない」と述べ、米軍増派の必要性を強調した。

 米議会では上院外交委員会で増派反対決議案が共和党の一部も賛成して可決されるなど、大統領のイラク新政策への反対論が強いが、米軍の“切り札”的存在であるペトレイアス中将の承認に異論はでなかった。

 同中将はケーシー現司令官の後任。ケーシー氏は次期陸軍参謀総長に指名されている。

 同中将は1974年に陸軍士官学校を卒業し、プリンストン大で博士号を取得した。2003年のイラク戦争の際は101空挺師団を指揮し、北西部モスルの治安維持にあたった。04年からはイラク治安部隊の育成の責任者も務めた。

 

スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ◆誰も知らないイラクディナールの魅力!◆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。