ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年01月23日

 バグダッド北東部で20日、米軍ヘリコプターUH60ブラックホークが墜落し、乗っていた12人全員が死亡した。駐留米軍が発表した。原因は調査中としている。また、中部カルバラでシーア派民兵によるとみられる攻撃があったほか、仕掛け爆弾などもあり、米兵の死者は1日で24人に達した。


 中東の衛星テレビ局アルアラビアは、目撃情報としてミサイルによるヘリ撃墜説を伝えた。中部カルバラのシーア派地域でも20日、米軍拠点に手投げ弾などによる攻撃があり米兵5人が死亡。西部アンバル州では戦闘により米兵5人が、北部でも仕掛け爆弾で米兵2人がそれぞれ死亡した。


 米軍は、増派にあわせて首都や近郊でスンニ派武装勢力への掃討作戦を強めている。対抗する武装勢力側は、シーア派と米軍の両方への攻勢を激化させ、16日にはシーア派地区の大学への爆弾テロで、学生ら70人が犠牲になった。


 宗派対立のもう一方の当事者であるシーア派民兵組織マフディ軍についても、米軍は幹部摘発を始めた。マフディ軍は幹部を出国させ衝突回避を図っているが、上の指示に従わない者が攻撃に走っている可能性もある。


 イラクでは05年1月に西部ルトバで米軍輸送ヘリが事故で墜落し、海兵隊員31人が死亡。03年11月にはファルージャでヘリが撃墜され、米兵ら16人が死亡している。


スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ◆誰も知らないイラクディナールの魅力!◆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。