ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 【ジュネーブ=渡辺覚】イラク政府が、サダム・フセイン元大統領の異父弟で元情報機関トップのバルザン・イブラヒム、元革命裁判所長のアワド・バンダル両死刑囚に刑を執行したことに対し、国連人権高等弁務官事務所のルイーズ・アーバー高等弁務官は15日、イラク高等法廷での審理の公正さに疑問を呈し、「上訴に関する規定などを十分に備えない今回の死刑執行は、生きる権利の重大な侵害だ」と批判した。

 また、欧州連合(EU)欧州委員会のバローゾ委員長は、訪問先のローマで15日、「我々は死刑に反対だ。何人も他者の生命を奪う権利はない」と語り、プローディ伊首相も、「我々の立場は、フセイン元大統領の処刑と同じだ。イタリアは死刑に反対する」と述べた。

 一方、英外務省の報道官はAFP通信に対し、「最終的に、主権国家によってなされた決断だ」との声明を発表した。

(2007年1月16日19時40分 読売新聞)
スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ◆誰も知らないイラクディナールの魅力!◆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。