ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年01月15日12時18分
 シリア大統領府によると、アサド大統領は14日、ダマスカスを訪問したイラクのタラバニ大統領との四半世紀ぶりの首脳会談で「(隣国の)イラクが安全であれば、シリアにも好影響」と述べ、イラクの治安回復に協力する意向を表した。

 砂漠の国境は、シリアからイラクに向かう武装勢力の通過点になっているとされる。両国内相は先月、テロ対策や国境管理強化の覚書に署名。約1週間の予定で開かれる今回の首脳会談にも同行し、具体策を詰める。

 また、旧フセイン政権崩壊まで約20年にわたりシリアで亡命生活を送ったタラバニ氏は「独裁に抵抗していた最も苦しい時期に助けてもらった」と、アサド氏に謝意を表明。同行した政治、経済閣僚や石油関係者らを紹介し、「今回は首脳会談だけではない。政治、経済、石油の分野でシリア側と最良の関係を築くために我々は戻ってきた」と説明、包括的な関係強化に意欲を示した。


 関係者によると、石油確保に悩むシリアにとって、イラク北部の産油地キルクークからシリアに通じる石油パイプラインは「生命線」の一つだったが、03年のイラク戦争開戦後は運用停止状態となっている。シリアとしては、イラクの治安回復や復興に協力し、石油確保の道筋をつけたい思惑もあるとみられる。

スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ◆誰も知らないイラクディナールの魅力!◆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。